【フィルたん】エアコンに「ホコリとりフィルター」を貼ってみた

この記事を当サイトに投稿した時点で暦上では”秋”となっていますが、2023年夏の季節到来ということで今年もエアコンを多用する季節になりました。近年はこの季節にもなると命に関わるような気温に達することも珍しくありません。他人と比べても汗をかきにくい僕ですが、冷房をつけないでいると自然と汗がダラダラ垂れてきます。

実際に自室の側にある温度計が39度台に達しているのを何度も目撃しました…。僕が子供の頃はここまで高い気温になることはなかったはず。これも地球温暖化による気候変動の影響なのでしょうか。

この暑さにもなると毎日のようにエアコンに頼ることになりますが、ここで気掛かりなのがエアコンから出てくる風について。自室に設置してあるダイキンのエアコンは設置から数年が経過しています。この間に業者に依頼するなどしてのエアコンクリーニングはやっていません。内部にはカビや汚れがあるでしょう。

それでも自動クリーニング機能がついているし、フィルター掃除も定期的にやっているのでまだ大丈夫かなと焦りはないものの、僕が以前働いていた家電量販店ではエアコンクリーニングを請け負っていたので、どうもこの存在が頭を過ぎってしまうんですよね。

そこでエアコンから出てくる風を少しでも綺麗にしたいという理由から、エアコンの吸気口に貼り付けるフィルターを使ってみることにしました。これはエアコンが空気を取り入れる際に、空気中のホコリをフィルターがキャッチしてくれるという優れものです。価格は安価だし、貼るだけという手軽さからすぐに導入できるそうなので試しにやってみることにしました。

↑自室に設置してあるダイキンのエアコン「AN25YCSK-W」。空気を吸い込む吸気口は上面にある。

今回購入したのは東洋アルミの「ホコリとりフィルター」(エアコン用)になります。上面吸気と前面吸気のどちらにも対応しているほか、空気清浄機にも使用することができるとのこと。

類似品が100円ショップにも売っていそうですが、Amazonで買い物をするタイミングだったのでこの商品を選んでみた次第です。

スポンサーリンク

フィルたん「ホコリとりフィルター」(エアコン用)の紹介

こちらが今回購入した、東洋アルミの「ホコリとりフィルター」(エアコン用)になります。価格ですが通販サイトだと500円前後で売られているようです。

パッケージには東洋アルミのマスコットキャラクターで白くまの”フィルたん”が飾られています。フィルたんは同社製品のフィルター製品(換気扇や通気口など)のパッケージにも飾られているようです。

パッケージを開封するとフィルターが2枚入っています。

添付画像は折りたたんだ状態ですが、サイズは縦38cm×横80cmとなっています。

フィルターのテカリのある部分(光が反射している箇所)は粘着力のあるシール加工がされており、このシールを使うことでフィルターをエアコンに貼り付けることができます。

ホコリとりフィルターをエアコンに貼り付けてみた

ということでホコリとりフィルターをエアコンの吸気口に貼り付けてみました。ビニールを剥がしてフィルターを被せて貼るだけなので取り付け作業は短時間で終わりました。

ただしシールの粘着力が少々弱すぎるかなと思いました。もしすぐに剥がれてしまうようであれば養生テープなどを使って固定することをおすすめします。

それと高所での作業になることや、エアコンが上面吸気だと天井との隙間にフィルターを貼り付ける必要があります。作業自体は簡単だろうと余裕をこいていましたが、その点でちょっと苦労した部分もありました。可能であればふたり以上で作業されたほうが安全に進められると思います。

フィルターを貼り付けたエアコンを遠目から見るとこんな感じ。

サイズは全く気にしていなかったのですが、フィルターの横幅はエアコンにピッタリ一致しました。前面に余分な部分がスカートのように垂れ下がっていますが、もし気になるようであればカットしてサイズを調整することもできますよ。

スポンサーリンク

検証:1ヶ月間でどれだけホコリをキャッチできたのか

フィルターがどれだけホコリをキャッチできるのか、8月初旬から9月にかけて約1ヶ月間かけて検証してみました。

酷暑とも言うべき暑さですからエアコンは毎日使用、平均使用時間は毎日10時間くらいだと思います。

こちらが1ヶ月間使用したフィルターの様子です。

目に見える程度にホコリが付着しているのかなと思っていたのですが、あれ、ホコリが付着しているようには見えない…?もしかするともう少し長い期間をかけて検証する必要があったのかもしれません。

感想:ホコリが溜まったら張り替えよう

東洋アルミの「ホコリとりフィルター」(エアコン用)は、フィルターをエアコンの吸気口に貼り付けるだけで簡単にホコリ除けができる商品です。

検証は不発でしたが、ネット上に投稿されたレビューを見てみると僕と同じように1ヶ月間ではホコリの付着は見られないという書き込みも見受けられました。確かに環境によって結果も変わってくるのではずなので、このフィルターが悪いとはまったく思っていません。定期的にフィルターを覗いてみて、ホコリが溜まっていたら張り替えればいいだけの話ですからね。

加えてシーズンオフでも被せておくだけでホコリ除けになるので、年間を通して使用できる万能商品だと思います。

その他気になったのが、フィルターを貼り付けることでエアコンが空気を吸い込む力が弱まり、結果的に冷房や暖房の効きが悪くなる可能性があることについて。そういった書き込みを事前に目にしてたので僕も気になっていたのですが、貼り付けた当初はどうしてもそっちに意識がいってしまうので多少は効きが悪くなったのかなと感じることもありましたが、しばらく使ってみて吸気が弱まっているようには感じないと判断しました。

ワンコインなので一度試してみて、もし効きが悪くなっているようであれば使用を避ければいいのではないかと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ