レッドブルに似た味なのに激安!コスパ抜群の「サバイバー」エナジードリンクを飲んでみた

エナジードリンクが好きで「モンスターエナジー」(黒緑)を比較的よく飲みます。カフェイン摂取による覚醒効果を期待する目的よりも、むしろ甘い物が飲みたくなったときにジュースを飲むような感覚で飲んでいます。冷蔵庫に入ってないと落ち着かないのでケース買いはもはや当たり前。ストックが尽きる前にAmazonで24本入りを購入(ケース買い)するのが日常化していました。

しかしいくら好きなモンスターエナジーでも、毎度のように飲んでいると次第に飽きを感じてくるのも事実。たまには別のエナジードリンクも飲んでみようと「レッドブル」に手を出したのでした。

モンスターエナジーの合間に飲むレッドブルは新鮮で美味しく感じられますが、如何せん両者とも同価格でありながらモンスターエナジーの355mlに対してレッドブルが250mlと方が内容量が少ないので、比べてしまうとレッドブルのコストパフォーマンスの悪さが気になります。

気が付けばモンスターエナジーのストックがなくなりそうなタイミング。この機会を機に自分の知らないエナジードリンクを新規に開拓してみようと思い立ちました。

早速Amazonで検索してみると「サバイバー」という気になるエナジードリンクを発見。当然味が分からないのでレビューを拝見してみると、多くのレビュアーが”レッドブルに味が似ている”と節々に評価しているようです。レッドブルはエナジードリンクのパイオニア的存在だし、味も好みなので興味が湧きます。

しかも250ml缶の30本入りでありながら価格は3,000円を切っているではないですか!1缶あたり100円を切るコストパフォーマンスの良さに目が点に!こんなエナジードリンクがあったのかと物は試しと今回はサバイバーを購入してみることにしました。

スポンサーリンク

「サバイバー」エナジードリンクのご紹介

パッケージ

Amazonで注文したサバイバーが届きました。ブランドロゴと思しき逆三角形のトライアングルに、モダンな雰囲気を感じさせる「SURVIVOR!」のフォントがカッコいい。

内容物は250mlの30本入りなので当然ですがケースはずっしりと重たいです。それにしてもレビューを参考にしたとはいえ、味も知らずに箱買いしてしまいましたが果たして大丈夫なのでしょうか…。

カフェイン含有量

サバイバーのカフェイン含有量を調べてみると、100gあたり48mgのカフェインが含まれているそうです。サバイバーは1缶のサイズが250mlですから120mg相当のカフェインが配合されていることが分かります。

ちなみにモンスターエナジーの場合は、100gあたり36mgのカフェインが含まれているそうで、1缶のサイズが355mlですから142mg相当のカフェインが配合されていることが分かります。

レッドブルの場合は、100gあたり30mgのカフェインが含まれているそうで、1缶のサイズが250mlですから80mg相当のカフェインが配合されていることが分かります。

モンスターエナジーやレッドブルといった代表的なエナジードリンクと比べてみると、100gあたりのカフェイン含有量は意外にも!?サバイバーがナンバーワンであることが分かりました。

メーカー

Amazonで購入するタイミングでサバイバーについて軽く調べたときに国内メーカーが生産していることは知っていたのですが、メーカー名までは把握していませんでした。

調べてみると、神戸にある富永食品という会社が製造しているようです。名前だけなら知っていたのですが「神戸居留地」を展開しているメーカーのようですね。

缶のデザイン

シルバーとオレンジのコントラストもさることながら、表面が鏡のように光を反射してカッコよさがより強調されています。エナジードリンクの缶のデザインって凝ったものが多い印象ですが、なかでもサバイバーは結構好みですね。

これ一本でエネルギーがチャージできそうな、いかにも栄養ドリンクらしいデザインだと思います。

サバイバーの色

普段から缶飲料を飲むときは缶のまま口に含んでしまうので、中身の液体がどういった色をしているのか分からないことが多いです。今回はサバイバーを紹介するにあたって味の感想だけでなく、せっかくなのでどういった色をしているのかグラスに注いで確認してみました。

どうやらサバイバーはやや濃い目の黄色の液体をしているようです。個人的にエナジードリンクのような疲労回復を謳う健康飲料は黄色のイメージがあるので、ビジュアルは普通といったところでしょうか。

そしてレッドブルと味が似ていると評判のサバイバーですが、今度はレッドブルは何色をしているのか気になってしまったので、確認のためにわざわざ自販機で買ってきました。

グラスに注いでビックリ!レッドブルもサバイバーと同じで濃いめの黄色をしているようです。1枚の画像に収められなかったので直接の比較はできていませんが、見た目も似ていて瓜二つといった感じ。

個人的にレッドブルはラズベリーのような風味を感じるので、なんとなく赤色っぽい液体なのかなと勝手なイメージを抱いていたのですがどうやら違いました。

スポンサーリンク

感想:レッドブルに味は似ているけど別物。これはこれであり

肝心のサバイバーについての感想ですが、確かに口に含んだ瞬間はレッドブルのそれに似ています。だけどその後の後味はちょっと違っていて、事前に把握していたとおりレッドブルとは微妙に違うようで、やや薄味ながらも苦味を感じました。

詳しいことは分かりませんが合成甘味料を使っていないことが特徴でもあるので、そういった添加物を使っていないことが後味に影響しているかもしれません。エナジードリンクに対して過度な”甘さ”を求めていたりすると拍子抜けしてしまうでしょう。

またカフェインによる覚醒効果についてですが、先に挙げた代表的なエナジードリンクと比べてカフェイン含有量が高いにも関わらず相応の効果は感じられませんでした。効き目はレッドブルと同じくらいでしょうか。これについては個人的にモンスターエナジーがいちばんだと感じていて、口に含んだ瞬間にシャキっとするような覚醒効果を感じられます。

サバイバーの評価をまとめると、レッドブルに味は似ているけど全く同じというわけではなく、カフェイン効果も数字ほど感じられない結果になりました。ただ他と比較せず単体で飲むのであれば普通に美味しく頂くことができます。こういったエナジードリンクだと理解していればこれはこれでありです。

またサバイバーは価格が安いことが特徴でもあるので、価格が高いイメージのあるエナジードリンクの中ではコストパフォーマンスは抜きん出ています。この機会に是非手に取ってみて気に入ったならリピートしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ(広告含む)