PS Vitaでエラー「C2-14646-1」が表示されたときの対処法

先日のことですが、PlayStation Vitaで「バレットガールズ2」を起動したところ、「C2-14646-1」と書かれたエラーが突然表示され、ゲームが起動できなくなる状態に陥ってしまいました。

そのときはエラーの内容がよく分からなかったので、もう一度ゲームを起動しようと試みたり、本体の電源を落としたりと自分なりに思い付いた方法で対処してみたのですが、何度ゲームを起動しても「C2-14646-1」が表示されてしまいます。

これについて直接的な原因があるか分かりませんが、実はこの直前にここ長らくプレイしていなかった「聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-」を起動したときに、エラーは表示されないもののゲームが起動できなかったり、タイトル画面が鉛のように重くなって画面が固まってしまったりと、何らかの不具合と思える不可解な動作が起こっていました。

どのボタンを押しても一切の入力を受け付けてくれないので、仕方なく本体の電源を強制的に落とすことで次回以降は先のような動作は起こらなくなりましたが、その直後にバレットガールズ2を起動したところ、前途のようなトラブルが発生してしまった次第です。

いずれもメモリーカードにダウンロードしたタイトルなので、もしかすると聖剣伝説が引き起こした動作不良の影響が、バレットガールズ2のゲームデータに何らかの悪影響を与えてしまったことが原因ではないかと考えましたが、その他メモリーカードにダウンロードしたタイトルは正常に起動できることを確認しています。

スポンサーリンク

セーブデータをPS Plusにバックアップするも失敗

そこでネットで検索してみると、「C2-14646-1」の対処法としてゲームデータを一度削除した後に再インストールし直す方法があることを知りました。

この対処法は僕も閃いていたものの、ダウンロードするのは少々時間が必要になるので、やるなら最終手段だろうなと思っていたことです。ただいずれ実行するにしろ、まずはセーブデータのバックアップが必要になるので、とりあえずバックアップだけ先にやっておこうと思いました。

しかし、PlayStation Plusの外部ストレージにセーブデータのバックアップを試みるものの、何度やってもアップロードできません。どうやらゲームデータと一緒にセーブデータもおかしくなってしまったようです。

これでバレットガールズ2の進行状況が水の泡に…。僕はセーブデータのバックアップは手動で行っているので、自動アップロードに設定しておけば被害を最小限に抑えられたのにとちょっと後悔しています。

「C2-14646-1」が表示されたときの対処法

PlayStation Vitaのサポートページに、エラーコードごとによる対処法が一覧で掲載されていましたので、その中から「C2-14646-1」についての対処法を、下記に引用してご紹介したいと思います。

公式による案内なので、僕と同じコードが表示されてお困りの方は是非参考にしてみて下さい。※引用元から改行の追加と誤字と思われるものの修正を一部加えています。

エラー(C2-14646-1)が表示される

1.本体の電源を切ってからメモリーカードもしくは PS Vita カードの抜き差しを行なってください。

2.バックアップを取った上で、メモリーカードをフォーマットする、もしくは PS Vita カードのセーブデータを削除し、リストアをしてご利用できるかお試しください。改善しない場合は、ゲームデータは再インストール、セーブデータはバックアップしたものをリストアしてご利用ができるかお試しください。

3.それでも改善しない場合は、メモリーカードもしくは PS Vita カードに不具合がある可能性がありますので、アフターサービスをお申し込みください。アフターサービスのお申し込みはオンライン修理受付サービスにて承ります。
※ バックアップ方法はこちら(PS Vita、PS Vita TV)を確認してください。

引用 PS Vita / PS Vita TV のエラーコード(PlayStation.com)

これを参考に僕の症状と照らし合わせてみると、1番目は効果なし。

2番にはメモリーカードをフォーマットとあるけど、駄目になっているのはバレットガールズ2のみなので、フォーマットをする必要はないと考えます。ただ、フォーマットするとメモリーカードの中身が掃除されることや、消耗品と言われながらも延命するのにも効果があるらしいので、いずれにせよ近い内にフォーマットはやっておこうと思いました。

3番にはメモリーカードの不具合の可能性とありますが、前途の通り、その他メモリーカードにダウンロードしたタイトルは問題なく起動できることを確認しているので、現時点ではこれは考えにくいです。

スポンサーリンク

セーブデータは諦めて、再DLでエラー解消へ

今回起こった不具合では、バレットガールズ2のセーブデータの復元は不可能と結論づけました。

壊れてしまったデータをこのままにしておいても意味がないので、とりあえずバレットガールズ2のゲームデータをセーブを含めて削除し、PlayStation Storeからゲームデータを再ダウンロード。インストール後、恐る恐る起動してみると、今度はエラーが表示されることなく正常に起動することを確認できました。

まとめ

僕が使用しているメモリーカードは使用開始から2年以上経過しているため、聖剣伝説の不可解な動作もそうですが、ゲームデータのインストールや削除を繰り返すことで徐々に蓄積されていった不要なデータが、今回のエラーを引き起こしたのではないかと考えています。そのため、あくまでも今回の僕の場合ですが、エラー「C2-14646-1」の原因は本体の不具合ではなくメモリーカードのデータにあるのではないかと考えました。

今回はセーブデータの犠牲と共にゲームデータの再ダウンロードで解決できましたが、またいつの日かこういった不測な事態が起こるか全く予想できません。今回の出来事を終えて思ったことは、自動アップロードを利用するなどしてセーブデータのバックアップを常日頃から行うことはもちろん、偶に(年に1回くらい?)メモリーカードをフォーマットすることが被害の発生を防ぐことに繋がるのではないかと考えました。

また、こういった心がけも大切ですが、ご存知の通りPlayStation Vitaは生産を終了してしまったので、本体とメモリーカードには故障せずに少しでも長く頑張ってもらいたいと願わずにはいられません。

スポンサーリンク

追記

PlayStation Vitaのメモリーカードをフォーマット(初期化)するに伴い、メモリーカードに保存されているセーブデータ(ゲームアーカイブスとPlayStation Portable)をパソコンへとバックアップしてから、メモリーカードをフォーマットしてみました。

そのやり方を記事にしてみましたので、もし宜しければ参考にしてみて下さい。

PlayStation Vitaのメモリーカードをフォーマット(初期化)するため、メモリーカードに保存されているセーブデータのバックアップを...
ひとつ前の投稿で、PlayStation Vitaに保存されているゲームアーカイブスとPlayStation Portableのセーブデータ...
スポンサーリンク