当サイトには広告が含まれています

コイン電池「CR2025」をリモコン用に購入しました

スポンサーリンク

HDMIで映像出力するパソコンやゲーム機が次第に増えてきたため、自室のテレビにHDMIセレクターを接続して手持ちの機器をすべて接続。HDMIケーブルの抜き差しをせずに映像出力できる環境を構築しています。

機器の切り替えにはリモコンを使っていますが、動作用のコイン電池「CR2025」の残量が尽きてしまったのか、リモコンを通しての機器の切り替えができなくなってしまいました。セレクター側のボタンを押すことで手動で切り替えることもできますが、リモコンとは違い、ワンボタンで切り替えができないのはやはり不便。CR2025なんて予備で保管していないので新たに用意する必要がありますが、この為に100円ショップに足を運ぶのもなんだか面倒…。

でも過去にチープカシオの電池交換をしたときに、ヨドバシのネット通販なら電池1個でも送料無料で翌日には届けてくれることを思い出したので、今回もヨドバシを利用してみることにしました。

今回購入したのは、オーム電機のコイン電池「CR2025/B2P」になります。

スポンサーリンク

オーム電機のコイン電池「CR2025/B2P」の紹介

こちらが今回購入したオーム電機のコイン電池「CR2025/B2P」になります。

製品特徴として挙げられるのは、電圧3Vのリチウム電池、水銀不使用、誤飲対策パッケージ、入数2個になります。

ヨドバシ.comで「CR2025」と検索すると複数のメーカーの製品がヒットするのでどれを選べばいいのか迷ってしまうのですが、その中でもオーム電機の製品はCR2025が2個入り、且つ98円(ポイント10%還元)というコストパフォーマンスに優れるものでした。

購入者のレビューを拝見してみても悪い評判は見当たらないし、とりあえずこれを買っておけば1個は予備用として保管できる。こんな理由でオーム電機のコイン電池を選んでみたわけです。

製造国はメードインチャイナ。

CR2025の価格が100円でありながら2個入りである理由は、中国製にあるようですね。

パッケージの切り取り線に沿ってハサミでカットすれば、もう1個はパッケージ内に収めた状態を維持することができます。

プラスチックで覆われたパッケージは大人でも素手で開けられないほどに頑丈なので、万が一小さな子供が触ってもコイン電池には触れられない仕組みになっています。誤飲対策パッケージというのは、おそらくそういう意味だと思います。

パッケージからCR2025を取り出してみました。何の変哲もない普通のコイン電池です。

表面の数字の刻印は使用推奨期限を表していて、月-年で表記されています。僕の手元に届いたのには10.28とあったので、この場合は2028年10月までが使用推奨期限となっているようです。

スポンサーリンク

無事にリモコンが使えるようになりました

5入力1出力HDMIセレクター。ラトックシステム「RS-HDSW51-4K」レビュー。PS5動作確認済み
自室のテレビに「KDL-40V3000」を設置しています。ソニーから2007年に発売されたモデルなので2022年現在で15年前に購入したことになります。記事を書きながらもうそんなに時が経過してしまったのかと自分でも驚いてしまいました。 購入...

HDMIセレクターには5入力1出力が可能な、ラトックシステムの「RS-HDSW51-4K」を使っています。付属のリモコンの動作に必要なCR2025の数は1個となっており、コイン電池を交換してみたところ機器の切り替えの反応がすこぶる良くなりました。

とりあえず現状は予備で1個確保できている状態。オーム電機の「CR2025/B2P」は安値でありながら2個入りとなっているので、もしものときの備蓄にもおすすめだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レビュー
スポンサーリンク

スポンサーリンク

日常グラフィティ