Snow Peak監修のJRエコバッグをゲット!ポリエステル素材で汚れたら洗えて衛生的

令和2年の7月1日から義務付けられるレジ袋の有料化に伴い、JR東日本がNewDaysや紀ノ国屋などグループ会社の各店舗で一定の金額以上の買い物をした方を対象に、新潟のアウトドアブランド「Snow Peak」と「日本環境設計」の3社とコラボレーションをして制作したエコバッグをプレゼントするキャンペーンをやっていました。

Snow Peakが監修を手掛けるエコバッグということでYahoo!にも掲載されるくらいに話題になったキャンペーンだし、これからの時代は必需品にもなってくるのでお買い物ついでにエコバッグをゲット。

無料なので品質にはあまり期待していませんが、どんなものなのか確認してみたので、当エントリーではJRのキャンペーンで配布されたエコバッグを簡単にレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク

Snow Peak監修 JRエコバッグの紹介

3社コラボによるエコバッグ

配布されたエコバッグには、JR東日本グループがプラスチック製品削減の取り組みを推進していることや、Snow Peakと日本環境設計の紹介が掲載された案内が添付されていました。地球環境に対して共通の思いを持つ3社によるコラボレーションによって制作されたエコバッグであることがアピールされています。

個人的にSnow Peakというブランドは初めて知ったのですが、新潟県三条市で起業したアウトドアメーカーで、すべての製品を永久保証としてモノを無駄にしない環境に配慮した事業を行っているそうです。

折りたたみ時は手の平サイズ

こちらはエコバッグを折りたたんだときの状態です。折りたたむと手の平に収まるくらいにコンパクトになるので携帯時に邪魔になることはなさそうです。

ちなみに配布されたエコバッグはキャメルとカーキの2色があり、僕が貰ったのはカーキでした。

ブランドマーク

Snow Peakと日本環境設計のブランドマークが刺繍されています。蜂のイラストが可愛いですね。

コンパクトで汚れたら洗えるエコバッグ

エコバッグを広げてみました。シワシワなのは広げたてなのでご愛嬌ですが、無料なのでやはり安っぽさは否めません。

そして思ったよりもサイズが小さいようです。おそらくコンビニのビニール袋と同じくらいのサイズでしょうか。画像では1.5リットルのペットボトルを試しに入れているのですが、これで大体の大きさが掴めると思います。

スーパーで大量の食材を購入するときには不向きですが、コンビニなどでちょっとした買い物をするときに使えるコンパクトなエコバッグと言えるのではないでしょうか。折りたたんでバッグの中に忍ばせておくと良さそうですね。

また、新型コロナウィルスの影響で衛生面が余計に気になるところですが、このエコバッグはポリエステル素材でできているそうなので、汚れたら水洗いすることで繰り返し使うことができそうです。

スポンサーリンク
リンクユニット
関連コンテンツ
関連コンテンツ(広告含む)