アニメ「衛宮さんちの今日のごはん」の感想

このブログの記事はパソコンで書いていますが、記事を書きながらブラウザの別タブで、YouTube、ニコニコ生放送、AbemaTVといった動画サイトで配信されている番組から気に入った放送を再生し、ラジオ感覚で音声のみを聴くことがよくあります。

ブログを書くのって思った以上に大変なことで、僕だけかもしれませんが、書きたいことが頭の中にあってもそれを文章に落とし込むのがとても難しく感じています。SNSのように気楽に書ければいいのですが、僕の性格的にも逆にそれは難しい…(汗。

下書きと見直しを何度も繰り返しつつ、時間を掛けて記事を書いています。

そして、記事を書いているときは頭をフル回転させているので、次第に疲労というものを感じてきます。そんなときに、たまの息抜きで別タブで開いている放送を観たりするのですが、そのときに目を奪われたのが、AbemaTVで配信されていた「衛宮さんちの今日のごはん」でした。

簡単にですが、このアニメを見た感想をまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

Fateを今更知った

出典 『衛宮さんちの今日のごはん』公式アカウント‏(@emiya_gohan)

初めて観たときは作画のあまりの綺麗さに驚いたのですが、よくよく観てみると登場人物が「Fate(フェイト)」のキャラクターなんですね。

恥ずかしならがFateのことは全然知らなくて、僕が初めてFateを知ったのが何年か前にスマートフォンアプリがリリースされたときなのですが、「全然知らないタイトルがなんで注目されてるんだろう?」と、当時の自分がそう疑問に感じたことを今でも覚えています。確か、サービス開始時に不具合か何かで騒がれてましたよね。

アニメが面白かったのでちょっと調べてみたのですが、Fateってスマートフォンアプリが配信されるずっと前からある作品だったんですね。僕はゲームやアニメは好きですが、張っていたアンテナの電波が微弱過ぎたためか、今日まで全然知らないままでいました。

癒やされる展開が好き

衛宮さんちの今日のごはんの良いところを挙げてみると、作画が丁寧でキレイ、女の子が可愛い、日常系のほっこりとしたストーリー、料理が美味しそう、和むOP&EDテーマなどが挙げられます。

これらそれぞれの持つ要素が絶妙にマッチしていて、見ているだけでホンワカしてくるし、衛宮くんが作った料理を皆が美味しそうに食べるシーンがこれまた癒やされて、なんだか居心地の良さを感じます。

僕はアニメをそれほど多く見るほうではありませんが、「ゆるキャン」「ラーメン大好き小泉さん」といった最近見たアニメから推測するに、「世界を滅ぼそうとする悪が出てこない」「複雑な人間関係がない」、分かりやすく言うと、深く考えずに見ることができるアニメが、今の自分は好きなんだなぁと気付かされました。

平和な世界

アニメを視聴中たまにコメント欄を見るんですが、「平和な世界」というコメントが書かれてあったのを見てふと思いました。そういえば、Fateってもともとこういうストーリーじゃないですよね?

オリジナルを知らないのでうまく言えませんが、「登場人物の相関図を作ると敵対し合う関係性が見えてくる。」そんな作品なのでしょうか。(違ってたらゴメンナサイ)

本来なら敵対し合う人物が食卓を囲んで仲良くご飯を食べる。これはパラレルワールドだから実現できることで、だからこその「平和な世界」というコメントだったんだなぁと思いました。

次回が楽しみ

放送時間が約12分と短めなことに加えて、新エピソードの放送までに1ヶ月を要するあたりが他のアニメと違うところですね。

やはりこれくらいの作画クオリティを実現するには、放送は月1回の頻度になってしまうのでしょうか。でも放送時間が短いことで、サクッと気軽に見れていいかもしれません。

記事執筆時点で4話まで放送されていますが、最終的にトータルで何話までやるのでしょう?12話やるとしてもこのペースだと1年かかりますね。ともあれ、原作がある限り続けて欲しいところです。

番組のアーカイブは、AbemaTVほか動画配信サイトで視聴(一部無料あり)することができます。まだ見たことない方は是非視聴してみて下さい。