当サイトには広告が含まれています

Amazonでd払いで購入した商品を返品。実際に返金されたか確認してみた

スポンサーリンク

2022年1月にAmazonでPlayStation 5対応のUSBハブをドコモのd払いで購入したのですが、僕の手元に届いたのは運悪く不良品でした。どうやらUSB端子が僅かに傾いていたようで、PlayStation 5に接続することができなかったのです。

このUSBハブは初期不良ということでAmazonに返品し、集荷から2日という早さで返金の対応が取られました。個人的に商品の返品対応が初めてだったこともあり、このときの出来事を記録に残しておこうと当サイトで記事にして公開しています。

Amazonに不良品を返品する方法。手続き、梱包、集荷の手順を解説
AmazonでPlayStation 5対応のUSBハブを買いました。到着後に開封して取り付けてみたところ、USBポートに接続するだけなのに何故かそれができません。購入したUSBハブの端子を注視してみるとどうやら端子が僅かに傾いていたようで...

このときの返金ですが、Amazonによると元の支払い方法に返金されるとの説明がありました。USBハブはドコモのd払いで購入したので、携帯料金の請求額からその分が減額されるのでしょう。

1000円程度の商品だったので然程気にかけることもなく、実際に返金されたのか確認まではしていなかったのですが、ドコモから何か連絡が来るのかなと思っていたものの特に無いみたいだし(あとで確認したらメッセージRに連絡が来てました)、時間が経つにつれて気になってしまったので本当に返金されたのか確認してみることにしました。

スポンサーリンク

d払いで購入した商品の返金の確認方法

今回はAmazonでd払いで決済したこちらのUSBハブの返金の確認方法について、スマートフォンを使って解説していきたいと思います。USBハブは1,336円で購入していたので、この金額がドコモの請求額から減額されたかを確認していきます。

当記事ではAmazonを例に挙げていますが、d払いの返金の確認であればどのネット通販や街のお店に関わらず有効だと思われます。

ご利用明細の確認画面にアクセスする

まずはじめに、ドコモのご利用明細の確認ができるサイトにアクセスします。下記に添付したURLにアクセスするとd払いのサイト(上記画面)が表示されます。

続いて赤枠で囲った箇所をタップしてください。「パソコンからは以下のリンクから~」と書いてありますが、スマートフォンからでも問題ありません。

サイト ご利用明細の確認(ドコモ)

URLをタップすると「パスワードの確認」という画面が表示されます。

ご利用明細を利用する前の本人確認という意味合いがあるため、「生体認証」または「dアカウント」を使ってログインする必要があります。

ご利用明細にアクセスできました。

続いてファーストビューにある「ご利用履歴・お支払い明細」をタップします。

返金対応された年月の履歴を選択する

d払いの利用履歴を確認できる画面が表示されました。

ここでは画面上部のプルダウンメニューやボタンを操作して、お店から返金対応が行われた年月を選択してください。

僕の場合は2022年1月にAmazonから返金対応が行われたので、「2022年 1月購入分」を選択しています。

減額されていることを確認する

「2022年 1月購入分」に表示されたd払いの利用履歴を確認してみると、USBハブの購入金額である1,336円が「▽減額」というステータスとともに表示されていました。

金額の頭にもマイナスの記号が付いているので、ドコモ側で返金処理が行われたとみて間違いないでしょう。

ちなみにここで表示されている「▽減額」や「完了」などのステータスの意味については、最初にアクセスしたd払いのページを下にスクロールすると解説されています。

スポンサーリンク

d払いの利用明細の確認は簡単だった

返金額が現金で手元に返ってくるわけではないのであまり実感が湧きにくいですが、実際に口座から引き落としを行うドコモ側で減額の処理が行われていることを確認できたので安心しました。

今回みたいに気にも掛けなければ利用明細なんて見ることもないのですが、僕自身d払いを比較的多く利用するので利用明細の確認方法くらいは覚えておこうと思ったのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑学
スポンサーリンク

スポンサーリンク

日常グラフィティ