SunBroyのシリコン鼻パッドをレビュー。メガネの跡や痛みを改善

スポンサーリンク

メガネを掛けつつ、横に寝っ転がりながらテレビを観たりパソコンをしたりするせいか、枕に頭を置いたときにメガネが押されることで鼻パッドが押されるように鼻骨に密着し、そのまま寝落ちしてしまうことが習慣になっていたため、結果的に鼻パッドの深い跡が鼻骨の左側にできてしまいました。どうやら肌の色が紫に変色していて、血行が悪くなっているように見受けられます。

メガネを掛けていれば然程目立ちませんが、メガネを外したときは鼻パッドの跡がクッキリと目立ってしまっている状態です。僕のだらしなさが招いたことですが、みっともないのでこの跡だけはどうしても消したいと思いました。

またこれは以前から気になっていたことですが、鼻パッドが当たることで痛みを感じたり、1日が終わってメガネを外してみると跡が薄っすらと残ってしまうこともあります。

僕のメガネの鼻パッドはプラスチックでできているので、これが原因で肌に負担がかかっているのではないかと推測。メガネを掛けたまま寝っ転がるのはその習慣を改めるとして、薄っすらと残る跡については、シリコンなどの柔らかい素材が使われた鼻パッドに交換すれば解決できるんじゃないかと閃きました。

ただ、そういった鼻パッドがあるのか分からなかったAmazonで検索してみると、思った通りにシリコン製の鼻パッドが販売されていることを確認。価格も1,000円でお釣りが来るし、ドライバーがあれば自分で交換できるようなので、シリコン製の鼻パッドを試しに購入してみることにしました。

購入したのは、SunBroyというメーカーの製品です。鼻パッドはメーカーは違えどどれも同じ様に見えるので迷ったのですが、Amazonでの評価数を基準にSunBroyを選んでみました。

到着後に早速試してみましたので、当エントリーではSunBroyのシリコン鼻パッドの紹介や、使ってみた感想などをレビュー(評価)してみたいと思います。

スポンサーリンク

SunBroy シリコン鼻パッドをレビュー

パッケージ

商品のパッケージはこんな感じになっています。

ビニール袋に保証書と書かれた花柄模様の紙が入っていたので、届いたときに一瞬「!?」となりましたが、裏側に付属品が一緒に入っていました(笑)

付属品

ビニール袋を開封してみると、保証書、シリコン鼻パッド(普通タイプ×4、ズレ落ち防止タイプ×4)、ネジ×13、ドライバー、ピンセット、クリーニングクロスが入っていました。

先程ご紹介した保証書と書かれた紙ですが、その裏面には購入者へのメッセージが書かれてありました。こういった小さな心遣いはなんだか嬉しく感じますね。

ちなみにAmazonに掲載されている商品説明によると付属のネジは8本とのことですが、僕に届いたのは13本入っていました。小さくて紛失しやすいので余分に入れてくれているのかもしれません。

2種類の鼻パッド

添付した画像はピントがボヤけてしまっているので少々見辛いですが、鼻パッドは「普通タイプ」(左)と、「ズレ落ち防止タイプ」(右)の2種類が付属されています。

指で触ってみると普通タイプの表面はツルツルしていますが、ズレ落ち防止タイプには滑り止め効果のある凹凸が入っているようです。

優れた柔軟性

鼻パッドは柔軟性のあるシリコン素材でできているので、摘むとゴムのような程よい弾力があり、このように曲げることができます。

この柔軟性がクッションのような役割を果たすことで鼻骨への負荷を軽減し、鼻パッドの跡が気にならなくなったり、痛みの発生を防いでくれます。

シリコン鼻パッドをメガネに取り付けてみた

交換前の鼻パッド

僕はZoffで購入したブルーライトカット付きのメガネを愛用しています。購入から5年位は経つでしょうか。

交換前にメガネを綺麗にしたのですが、以前確認したときは元々は無色透明だった鼻パッドが黄色っぽく変色していることに気付いていたのですが、今回改めて確認してみると今度は緑色?っぽく変色していました…。

ドライバーで鼻パッドを取り外す

付属のドライバーを使って鼻パッドを取り外しました。

メガネのパッド足には汚れが溜まっていると思うので、この機会に綺麗にしておくと良いでしょう。

取り付け完了

続いて、交換用のシリコン鼻パッドを取り付けました。2種類の鼻パッドのうち、今回は普通タイプを選んでみました。

ついでにネジも新しくしようとしたのですが、付属のネジだと締め付けができなかったので、従来のネジをそのまま使うことにしました。ネジの見た目はそっくりですが微妙に違うためか締め付けができませんでした。

スポンサーリンク

使ってみた感想

メガネの掛け心地が向上

取り付け作業後に早速メガネの掛け心地を試してみました。

すぐに分かったのは、掛け心地が幾分ソフトになったことについて。従来のプラスチックの鼻パッドのときは、メガネを掛けたときや掛け直す仕草をしたときに、プラスチックが鼻骨に当たることで、ときには痛みを感じたり、鼻パッドからカチャカチャと音が出たりしていましたが、シリコン鼻パッドを使ってみると鼻骨に鼻パッドが当たる感触もソフトだし、カチャカチャと音がすることもなくなりました。

白濁した色がやや気になる

気になる点を挙げるならば、鼻パッドの色がやや白濁していること。完全な透明ではなく薄く白く濁った色をしています。

これは意識するとやや気になりますが、シリコン鼻パッドを使っているメリットの方が大きいので、あまり気にしないようにしています。

交換時期は意外と早い?

記事を書いている最中にAmazonに掲載されている本商品の商品説明を見ていたのですが、交換時期についてこんな事が書いてありました。

通常の場合、夏は2か月ほど、冬は3~4か月ほどご利用可能です。よく汗をかく方は1か月ほど交換をおすすめです。あくまでも目安です。

あくまでも目安とありますが、僕はもっと長い期間使用できるものと思っていたのでビックリしました。

そこまで短期間で交換を迎えるようには思えないのですが、シリコン素材の寿命は意外と短いのかもしれません。だからこそ付属の鼻パッドの数が多いのかもしれませんね。

鼻パッドの跡や痛みに悩んでいる方におすすめ

シリコン鼻パッドに交換してから1週間ほど経ちましたが、特に問題なく使わせていただいています。掛け心地もソフトだし、鼻骨への負荷も軽減されて痛みも感じなくなったので、シリコン鼻パッドに交換して良かったと思っています。

白濁した色と交換時期について気になることもありますが、ストックもあるし、価格も安価なので必要になったら再度購入できればと思っています。

ドライバーとネジが付いているので自分でサクッと交換できるのもメリット。鼻パッドの跡が気になったり痛みにお悩みの方に、SunBroyのシリコン鼻パッドはおすすめと言えるでしょう。

スポンサーリンク