京都ヴェネト「宇治抹茶 生チーズケーキ ジェミニ」を食べてみた

僕の母親が誕生日を迎えるので何かしらプレゼントを用意したいと考えていたときに、上野駅のエキュート上野に催事として出店していた「京都ヴェネト」という洋菓子店の存在を知りました。

店頭にディスプレイされていた「宇治抹茶 生チーズロール」がとても美味しそうに見えたし、つい先日には日本テレビのニュース番組「ZIP!」でお店が紹介されたみたいなので、このスイーツをプレゼントにしようと思い立ったわけです。

でもこの商品の人気は京都ヴェネトさんのラインナップのなかで2番目に位置するらしく、その隣りにあった「宇治抹茶 生チーズケーキ ジェミニ」がNo.1の人気を誇っているみたいなんですよね。ここでちょっと迷ったのですが僕はあくまでプレゼントをする立場だし、このお店は初めて利用するので、ここはとりあえず無難に人気No.1の生チーズケーキを購入してみることにしました。価格は1,998円でした。

商品はこんなデザインの手提げ袋に入れてくれます。一緒に保冷剤も入れてくれるので長時間の持ち帰りも安心。お土産にも向いています。

スポンサーリンク

「宇治抹茶 生チーズケーキ ジェミニ」のご紹介

パッケージ

薄っすらと幾何学模様の入ったパッケージは、抹茶や京都をイメージさせるグリーンのおしゃれなものでした。

チラシ

手提げ袋には京都ヴェネトさんのスイーツを紹介するチラシも入っていました。今回購入したのは右上の商品ですね。

消費期限はとても短い

購入日は6月30日で消費期限は7月1日でした。購入したタイミングで冷凍庫から取り出していたので、自然解凍が始まってから消費期限までの期間は購入日を含めて2日と非常に短いようです。

とてもデリケートな商品なので購入は計画的に行いましょう。

感想:京都とヴェネト(双子)が生んだ奇跡のスイーツ

プレゼント用で買ったのでパッケージを開封したときの様子は撮影できなかったし、同じ理由で食べないつもりでいましたが、お裾分けで用意してくれたのでちょっとだけ味見させてもらいました。

ケーキを眺めてみるといくつかの層があることが分かると思います。北海道産のマスカルポーネを使用したレアチーズのムース(下段)に、オーストラリア産のクリームチーズを使用した抹茶のベイクドチーズケーキ(中段)、抹茶のスポンジケーキ(上段)の3つの層で構成されていて、上面にはほろ苦さが引き立つ宇治抹茶ソースがかかっているようです。丁度テレビでマチュピチュが紹介されていて、遺跡の断層に似てるなと思ってしまいました(笑)

食べてから時間が経っているので味の感想はうる覚えですが、チーズケーキの甘くて酸味のあるねっとりとした食感に抹茶ソースのほろ苦さが絶妙にマッチしていて、飽きのこない上品な美味しさを堪能できる大人のスイーツだと思いました。食べたのは数口だけでしたが、とても美味しかったし贅沢な気持ちにさせてくれるスイーツでした。

まさに抹茶とチーズケーキのコラボレーションといった感じで、そもそも京都ヴェネトの”ヴェネト”とはイタリアにあるヴェネト州という意味らしく、京都と共に歴史のある古都であるなど互いに共通点が多いそうです。これは僕の勝手な妄想ですが、両都市はさながら双子のような関係であり、そういった点から商品名の末尾に双子を意味する「ジェミニ」と付いているんだなと思いました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ(広告含む)