PS5「JUDGE EYES」を買ってみた。PS4版との違い、引き継ぎは?

セガより2021年4月24日に発売された、PlayStation 5ソフト「JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered」を購入しました。PlayStation 5本体は運よく発売日に購入できたののゲームソフトは何ひとつ手元にない状態が続いていて、何かしらのソフトを買っておきたいと思っていたときに本作の存在を知りました。

JUDGE EYESはもともとオリジナルとなるPlayStation 4版が2018年に発売(えっ!もうそんな前!?)されていた作品で、俳優の木村拓哉さんが主演されているということで注目度が高く、プレイされた方の評判も上々だし、なによりそのリマスター版が1,980円と超お手頃価格。

流れを汲むとされる「龍が如く」シリーズが未プレイなこともあり、リマスター化されたJUDGE EYESをこの機会にプレイするのもいいかなと購入に至ったわけです。(実際にプレイするのはまだ先になりそうですが…)

スポンサーリンク

PS5版とPS4版との違いは?

JUDGE EYESのPlayStation 5版は事前に予約を入れて購入したわけですが、何となく予約したので、そのタイミングではPlayStation 4版とどういった違いがあるのか把握していませんでした。

PlayStation 5の高い処理能力を活かすことで、オリジナルよりも解像度が向上して映像がよりきめ細やかになったり、フレームレートが向上してより映像がより滑らかになったり、高速SSDを活かしたロード時間の短縮などの強化点は予想できますが、その他の違いはあるのでしょうか?

JUDGE EYESの公式サイトを覗いてみるとロード時間短縮には言及されていないものの、僕が予想していた強化点のほか英語音声が新たに追加されていることが分かりました。

その他、細かな違いは?

ここまではJUDGE EYESの公式サイトに掲載されていることなので比較的入手しやすい情報ですが、企業のホームページにはお客様から寄せられる問い合わせをQ&A形式で紹介する「よくあるご質問」をまとめたページを載せているところが多く、セガも同じようにQ&Aのページを公開しているようです。

そこを覗いてみると、公式サイトには掲載されていない興味深いことまで書いてあったりするので意外と面白かったりするんですよね。

セガのQ&Aサイトを覗いてみると、JUDGE EYESのPlayStation 5版の変更点について公式サイトでは見当たらなかったさらなる違いがあることが判明しました。下記に該当ページより引用して紹介します。

【PS5/JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered】PS4版との主な違いは何か

・60fps(秒間60コマ)に向上した事による滑らかな表現。
・最新ハード向けにパワーアップした、高精細で美しいビジュアル。
・海外発売時に収録された英語音声を追加した全世界仕様。

・八神探偵事務所で遊べるゲームを変更。
・CLUB SEGAで遊べるゲームの一部を変更。
・ドローンレースをオンライン対戦からオンラインランキングへ変更。

引用 セガQ&Aサイト

どうやら公式サイトに掲載されている違いの他に、ゲーム内で遊べるゲームに変更があったり、ランキングの形式に変更があったりと、おそらくストーリーに関係のない部分で細かな違いがあることが分かりました。

これをどう捉えるかは人それぞれですが、僕はオリジナルを知らないし、たとえ劣化であっても本作はあくまでリマスター作品なので、個人的には映像表現が強化されているだけで十分な感じです。

PS4版からの引き継ぎは?

その他、Q&Aに掲載されている興味深い情報として、JUDGE EYESのPlayStation 4版のセーブデータ、ダウンロードコンテンツは使用できないこと、トロフィーは別々になること、PlayStation 4版からのアップデートは行うことができないことなどが記載されています。

既にPlayStation 4版でプレイ済みの方は各種データの引き継ぎができないか気になるところですが、どうやら完全に別のタイトル扱いのため一切の引き継ぎはできないようです。

参考 セガQ&Aサイト

JUDGE EYESの続編が出る?

PlayStation 5版の発売日当日に、JUDGE EYESに関連した新しい情報が2021年5月7日に発表されるとのニュースが駆け巡りました。以前から新作の噂は耳にしていたし、本作の人気からして新作が発表されてもおかしくはないでしょう。

またもし新作が発売されることで、今回発売されたPlayStation 5版(1作目)の需要も今後はじわじわと増えてくるのではないでしょうか。主人公については木村拓哉さんが続投なのか、新しい主人公が起用されるのかも気になるところです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ(広告含む)