ゲーミングPCの熱対策に効果あり!CPUの温度を下げる方法

こんにちは!管理人のノリィです。当ブログのこれまでの投稿で、Windows 10を搭載したパソコンを初期化(リカバリ)したことをお話してきましたが、初期化した直後からシャットダウンしても勝手に再起動してしまう、謎の現象にしばらく悩まされていました。

ひとつ前の投稿で、Windows 10のディスク使用率が100%になってしまう問題を、初期化(リカバリ)することで解決したことをお話しました...

それについての問題解決までの道のりは、当ブログの上記記事でご案内しているのですが、その問題の原因を探っている最中に、Windows 10の面白そうな機能を見つけました。

それは、CPUの処理能力(最大パフォーマンス)の状態を調整できる機能です。

僕のパソコンは、CPUにCore i7 4770、GPUにGeForce GTX 750Tiを搭載した、マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-TUNE」の「NEXTGEAR-MICRO」というデスクトップパソコンを使っています。

「パソコンでゲームがやりたいけど、なるべく省電力で…。」という希望からこのスペックをBTOで購入したのですが、結局の所、今日までこのパソコンでゲームはほとんどやっていなかったりします。

購入したのは、Windows XPのサポート終了と消費税が8%に増税されるタイミングが重なった時期で、そういった世間の動向からパソコンを買い換える需要が急増したことで、注文から納品までに長い時間を要してしまい、その間に遊びたかったゲームに興味がなくなってしまったことが理由になります。

今の使用用途は、インターネットでブラウジングしたり、動画配信を見たり、ブログの記事を書いたりするくらいで、パソコンの性能を十分に使い切るような負荷のかかかる処理はあまりさせていません。

そうなるとこう感じるのは自分だけかもしれないですが、宝の持ち腐れというか、今の用途に対して無駄に高性能なパソコンを使っていることに、正直勿体なさみたいなのを感じることもあります。本来の性能を発揮させてあげてないので、もしかすると僕のパソコンは手持ち無沙汰を感じているかもしれませんね(笑。

褒められるところは、どんな処理でもサクサクと軽快にこなすことでしょうか。その辺はさすがCore i7と言ったところです。

気になる部分を挙げてみると騒音がまず問題で、吸気用と排気用の大型ファンや、ストレージ(HDD/SSD)専用の冷却ファンが付いているので冷却性能は高いのですが、それゆえに静音性が犠牲になっているのでアイドリング状態でもファンの音が気になってしまいます。

そしてもうひとつ、これはパソコンの問題と言うより設置場所が問題なのですが、僕の部屋は春から夏にかけて気温が上昇する時期の室温の上昇が深刻で、ゲーミングパソコンゆえに低負荷な状態でもCPUやGPUが発する熱が少々大きいのか、パソコンからの排熱が上乗せされた空気が部屋の温度をさらに上昇させてしまいます。

去年の夏はパソコンの電源を入れただけで40度に迫る室温になることもありました。さすがにここまでくると今度は熱暴走が心配になってきたりします。冬場の暖房器具としては使えれば最高ですが、さすがにそこまでの暖房能力はないんですよね…。

もっと省電力で動作するCeleronまたはPentium、多少余裕を持たせてもCore i3を搭載した普通のパソコンから選べていたら、ファンの音、熱、室温に困ることはなかったかもしれないし、パソコンでゲームをやらない今の僕にとって最適な1台になっていたかもしれません。

話が少しそれてしまいましたが、上記の理由から、CPUの処理性能を調整できる機能を見つけたときは、「CPUの処理性能を下げればCPUの温度は下がるし、同時に排気熱も低くなって省電力にも繋がるのでは!?」と閃いたのでした。

当エントリーでは、intel製Core iシリーズのCPUを搭載したゲーミングパソコンの熱にお困りの方に提案できる対策として、CPUの処理性能を調整してCPUの温度を下げる方法を紹介していきます。

CPUの処理性能を調整する方法

ここでは、Windows 10を使ってCPUの処理性能を調整する方法を紹介していきます。この機能は、Windows 8.1またはWindows 7といった以前のOSでも行えるようなので、是非参考にして下さい。

設定はあくまでも自己責任でお願いします。不具合が生じたら設定を元に戻しましょう。

1:「電源プランの選択」を起動する

まずは、デスクトップ画面の左下にある「ここに入力して検索」の検索フォームに、“電源”と入力します。

次いで現れた検索結果から、「電源プランの選択」をクリックして起動させます。

2:「プラン設定の変更」をクリック

●マークのチェックが入った、現在お使いの電源プランの「プラン設定の変更」をクリックします。

3:「詳細な電源設定の変更」 をクリック

続いて、「詳細な電源設定の変更」 をクリックします。

4:任意のCPUパフォーマンスを入力

上記、「電源オプション」の画面が表示されたら、「プロセッサの電源管理」→「最大のプロセッサの状態」の順に項目を展開させていくと、CPUの最大のパフォーマンスを設定できるフォームが出てくるので、ここに指定したいCPUの処理性能をパーセンテージ(数字)で設定します。パーセンテージは1%単位で入力できます。

最後に「OK」をクリックして画面を閉じれば設定は終わりです。

スポンサーリンク

パーセンテージに対する処理性能の変化

上記、「最大のプロセッサの状態」に入力するパーセンテージについて、どういった値を入力したらよいか最初は分からないと思いますので、ここでCore i7 4770を例に解説していきたいと思います。

Core i7 4770の周波数は3.4GHz(定格)ですが、コアに余力がある際に「ターボ・ブースト・テクノロジー」(以下ターボブースト)という機能が働くと、定格よりもさらに高い周波数に処理性能を自動的に引き上げることで、最大3.9GHzで動作するようになります。

この場合はパーセンテージに100%が設定されていると、ターボブーストが有効になる3.9GHzまでの周波数で動作します。100%にするとCPU本来の処理性能を最大限発揮させることができるわけですね。デフォルトの数字は100%が設定されていると思います。

また、なかにはターボブーストを無効にしたい方もいらっしゃると思います。ゲーム中や動画のエンコード中などに常時ターボブーストが働くこと、CPUが高温になることで排熱が高温になり、消費電力が増加し、場合によっては周辺パーツへダメージが及ぶことも考えられます。

そのようなときは99%にするとターボブーストが無効になり、定格の3.4GHzの範囲内で動作するようになります。ターボブーストは必要ないけど高いパフォーマンスを維持したい方は99%がおすすめです。

そして、99%よりもさらに低い数字にした場合はどうなるのでしょうか?これは定格の周波数を100として、設定したパーセンテージまでの周波数が上限になるように、処理性能を下げることができます。

ここでもCore i7 4770を例に解説していきます。Core i7 4770は3.4GHzが定格の周波数です。この場合は、

  • 90%にすると、3.4×0.9=3.06GHzが上限に
  • 80%にすると、3.4×0.8=2.72GHzが上限に
  • 75%にすると、3.4×0.75=2.55GHzが上限に
  • 50%にすると、3.4×0.5=1.7GHzが上限に

といった具合に、周波数の上限を調整することができます。

パソコンの使用用途によって熱対策や省電力にも貢献できると思いますが、下げすぎると今度は逆にパフォーマンスが低下して効率が悪くなる恐れも考えられるので、パーセンテージの設定は様子を見ながら自分にとっての最適値を探ってみることをおすすめします。

「intel Power Gadget」でCPU温度を計測

続いて、CPUの温度を計測するためのソフトウェアを用意します、最初はタスクマネージャーに表示されているものかと思ったのですが、CPUの使用率や周波数は認識できるものの、温度の計測はできないことが分かりました。

そこでインターネットで調べてみると、CPUの温度を計測するソフトがいくつかダウンロードで配布されていることが分かりましたが、その中で「intel Power Gadget」というフリーソフトに目が止まりました。

intel Power Gadgetは、intel製CPUの周波数、使用率、温度をリアルタイムで計測することができるintel純正のソフトウェアです。Mac OSで使える数少ない計測ソフトであることから、Macで使っている方が多いようですね。

サイト intel Power Gadget(intel)

「intel Power Gadget」の見方

上から順に、CPUの消費電力、周波数(クロック)、使用率、温度、メモリーの消費電力をリアルタイムに計測することができます。

スポンサーリンク

普段使いなら効果はあまりない

今回、CPUの処理性能を調整してその効果があったのかについてですが、結論から先に言ってしまうと、パソコンの使用用途がインターネットでの調べ物だったり、動画配信を見たり、ブログを書いたりするといった普段使いがメインであれば、CPUの処理性能を下げても温度の低下を確認することはできませんでした。

Core i7 4770の周波数は3.4GHzですが、実際には常時この速度で動作しているのではなくて、負荷の低いとき(アイドリング時)は、0.8GHzを下限にした周波数で動作しているようです。

僕は、ブラウジングしたりブログを書きながらバックグラウンドで動画配信をラジオ代わりに再生することが多いのですが、そのときのCPUの状態をモニタリングしていても周波数はほぼ0.8GHzのままで推移し、ウェブサイトを開くなどのアクションを起こしたときに一瞬だけCPU使用率が跳ね上がりますが、そのまた一瞬で0.8GHzに戻るといった動作をしているようです。

あくまでも僕が使っているパソコンの場合ですが、使用用途が普段使いであれば、そのときのCPUはアイドリングで動かしているのとほぼ変わらないので、「CPUの処理性能を下げれば温度も下がるのでは?」といった、僕が期待した効果はほぼないことが分かりました。

厳密に言うと、処理性能を下げると周波数の上限値も下がるので、負荷がかかったときの周波数は定格よりも小さくなるので、僅かながらの温度の低下や、長期的に見れば省電力(節電)にも効果があるのかなと思っています。

ゲーム中の熱暴走への対策

出典 NEXTGEAR-MICROシリーズ(マウスコンピューター)

コンシューマーゲーム機とは比較にならない高性能なCPUやGPU、そして潤沢なメモリーを身に纏い、最高品質のグラフィック設定でゲームを隈なく堪能できるのが、ゲーミングパソコンの醍醐味であると思います。

ゲームの品質を高めると当然ハードウェアに負荷がかかるわけで、Core iシリーズのCPUはそのときの消費電力や発熱などの状況を判断しながら、ターボブーストを有効にして高性能を発揮するようになります。(※「最大のプロセッサの状態」が100%の場合)

長時間ゲームで遊んでいるとパソコンから発生する排熱や消費電力は高い状態が続くので、場合によっては「こんなに負荷をかけ続けて、終いには壊れてしまわないだろうか…。」と、パソコンの状態が心配になることもあるのではないでしょうか。

特に、ゲーミングタイプのノートパソコンだと本体の厚みが薄いために熱が籠もりやすく、キーボードや本体に手を置く場所が火傷しそうなほど熱くなることもあり、勝手に電源が落ちたりフリーズしたり動作が遅くなるなどの症状が表れる熱暴走への心配は、夏になると余計に募ってくると思います。我々人間が夏になると熱中症に気を付けるのと同じで、パソコンに対しても熱中症への対策を施してあげる必要があると考えています。

色々と調べてみて分かったのですが、パソコンでゲームを遊ぶときは「最大のプロセッサの状態」の設定を99%にすると、ゲーム中に高いパフォーマンスを維持したまま、CPUの温度を下げられることが分かりました。

これは先にもご案内したとおり、ターボブーストの有無が影響しています。ターボブーストを無効にするとゲームの品質が若干下がる可能性はあるものの、それでも高い処理性能を維持できる定格の周波数を上限に動作するようになるので、結果的に高いパフォーマンスを維持したまま、CPUの温度や消費電力を下げることができ、それに加えて熱暴走を防ぐことにも繋げることができるのです。

僕のパソコンで試しに、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」のベンチマークを実行し、intel Power Gadgetを使って100%と99%の両方を比較してみました。ベンチマーク中はそのときの周波数によってCPUの温度が極端に上下し、それを目視で確認したので正確な値は計測できていませんが、平均しておよそ5度前後の温度差が生じることが分かりました。

排熱対策の行き届いたデスクトップのゲーミングパソコンで5度の違いが生じたわけですから、熱の籠もりやすいノートパソコンだとさらに高い効果を得られるのではないかと思います。

ゲーム中のパソコンの状態に心配を抱いている方は、「最大のプロセッサの状態」を99%に設定して検証してみることをおすすめします。

おまけ:すぐに実践できる熱対策

ここまででご案内したCPUの処理性能を下げる方法の他に、すぐに実践できるパソコンの熱対策はないのでしょうか?

クーラーや扇風機を使って部屋の温度を下げたり、パソコン用の冷却パーツ(冷却台・冷却シートなど)の使用も効果的ですが、それよりも前に是非やっておきたい、お金をかけずに無料でできるパソコンの熱対策を、思い付いたアイディアから紹介してみたいと思います。

部屋を換気する

パソコンが動作している最中は、部屋の窓や扉を締め切っていませんか?部屋を閉めているとパソコンの排熱が部屋中に溜まることで、特に春から夏にかけては部屋の空気が湿っぽくなってくると思います。

これは僕も実践しているのですが、部屋の窓や扉を開けて空気の通り道を作って換気すると熱が籠もりにくくなり、人間そしてパソコンに対しての熱対策に繋がります。特に排熱の大きいゲーミングパソコンでは効果大です。すぐに実践できて効果を感じられるおすすめの対策です。

内部を掃除する

パソコンを長い間使っていると、内部に溜まったホコリが原因で本体内部の温度が上がってしまうことが考えられます。

ノートパソコンの場合は、吸気口や排気口に付着したホコリのお手入れくらいしかできないかもしれませんが、デスクトップパソコンならケースのパネルを開けることで内部にアクセスすることができます。

内部に蓄積されたホコリや汚れを取り除くことで空気の流れが改善され、電子部品が効率的に冷却できるように蘇ります。小型のハンディークリーナーやエアダスターがあると掃除がより捗りますよ。

僕は家電量販店でパソコン担当として働いていたことがあるのですが、メモリー増設を依頼してきたお客さんのパソコンのパネルを開けたところ、タバコのヤニとホコリがあちこちに付着していて、効率的な冷却ができていない内部の状態を見たことがあります。

大きな塊となったホコリが付着して冷却ファンが回りにくい状態になっていたので、いつ熱暴走してもおかしくなかったかもしれません。環境によってここまで酷くなるのかと、お手入れの重要性に気付かされた出来事でもありました。

パソコンを使いながらタバコを吸われる方は特に要注意です。

パネルを開けて内部にアクセスするときは、電源ケーブルを抜いて安全な状態を確保し、電子部品に触れる際には故障の原因に繋がる静電気にも十分に注意を払うようにしましょう。

ペットボトルキャップを使う(ノートPCかつ排気口が底面にある場合)

ノートパソコンの冷却効率を上げる手法として有名だと思いますが、ペットボトルのキャップを4つ用意してその上にノートパソコンを設置し、机からノートパソコンを浮かせる方法があります。

そうすることで机とノートパソコンの間に隙間ができ、机に直に設置するよりもノートパソコンの底面から排気される熱を効率よく分散させて放熱させることができます。(※但し、安定して使えることが第一なので、グラグラするなど不安定な場合は止めるようにしましょう。)

これはペットボトルキャップを使わなくても、例えばインシュレーターなど使える物は身近なところにあると思います。100円ショップなどで探してみるのも面白いかもしれません。

設置場所に配慮する

奥まった場所、狭い場所にパソコンを設置すると、その場に籠もった湿った空気(排熱)をパソコンが吸気することで、パソコン内部の温度が上昇してしまいます。また、こういった場所はホコリが溜まりやすいので、ホコリが吸気口を塞いでしまう原因にもなってしまいます。

設置場所を見直す際には、壁から十分な空間スペースを持たせて、直射日光の当たらない場所に設置しましょう。

また、特にノートパソコンをお使いの方に注意していただきたいのですが、好きな場所に持ち運べて使えるノートパソコンの性質上、布団の上などの柔らかい敷物、または膝の上に置いて使う方も多いと思うのですが、この場合は吸気口や排気口が塞がれてしまうことがあり、それがパソコンの不調を招くトラブルの原因にも繋がるので気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク