ゲーム ペット 自動車 DBZ コスプレ!外国人おすすめYouTuberの紹介

ほぼ毎日のようにアクセスしているYouTube。僕が興味のあるジャンルから日本人外国人問わず様々な動画を視聴し、目が留まった動画でその人のチャンネルを見る頻度が多くなったと感じたときに、そのチャンネルをお気に入りに登録させて頂いています。

数えてみると、割合的には外国人のチャンネルが多いみたいです。もちろん僕は英語が苦手なので、動画を見ても何を言っているのか分からない部分が多く、意味を理解したいときは機械翻訳に縋るばかりですが、文化的なセンスの違いなのか、外国人の編集した動画を見ていると不思議と気持ちが落ち着くことに気付きました。

それは僕が理解できない英語が子守唄のように聞こえたり、テロップを入れない編集が多いからではないかと感じています。

今はテレビをつけてもバラエティとかほとんど見なくなったし、地上波よりもBS放送で旅番組とか環境番組などを見るばかりなので、自分でも気付かないうちに、賑やかな雰囲気よりも落ち着いた静かな雰囲気を求めるようになったのかなあと…。我ながら年を取った証拠かもしれないですね(笑)

せっかくなので、今日は僕が贔屓にさせて頂いている、おすすめの外国人YouTuber(ユーチューバー)を何名かご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

Suzy Lu

まずは女性ユーチューバーで、チャンネル名「Suzy Lu」を運営するスージーさん。

主にゲームのプレイ動画を投稿している方です。日本のJRPGも比較的数多くプレイされており、最近は「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」がお気に入りのようで、2018年の個人的ゲームオブザイヤーに本作を挙げていました。

また、「ファイナルファンタジー」の作曲家としても有名な植松伸夫氏の大ファンのようで、飛行機に乗ってわざわざ植松氏が参加するイベントに会いに行った様子を動画で投稿しています。2019年は「ファイナルファンタジー10」の主題歌「素敵だね」を歌った、RIKKIさんのコンサートにも行かれるそうですよ。

更新頻度は高く、ほぼ毎日のように動画を投稿しています。

Maximilian Dood

続いてもゲーム実況動画を投稿する、チャンネル名「Maximilian Dood」を運営するマックスさん。

主に格闘ゲームに精通されている方のようで、格闘ゲームのプレイ映像ほか、ゲームのトレーラーやニンテンドーダイレクトを視聴した様子を視聴者に披露する、リアクション動画を投稿しています。

最近だと「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」に、ストリートファイターの「ケン」が参戦することをきっかけに、ケンが登場する歴代のストリートファイター各種をプレイした映像を投稿していたり、これまた最近だと「サムライスピリッツ」の新作が発表されたことが嬉しかったようで、ティザートレーラーを何度も食い入るように見返していたことが印象的でした。

またマックスさん以外にも、その友人と思しき方が数人出演していることもあり、そのときは新旧問わず様々なゲームを楽しんでいるようです。

更新頻度は高く、またTwitchはでゲームの生配信もされています。

スポンサーリンク

MissObservation

こちらは、チャンネル名「MissObservation」を運営するフェニックスちゃん。

ペットとして飼っている柴犬「キツ」との日常や、自身が視聴した映画のレビューなどを投稿しています。

このフェニックスちゃんはかなり頭の冴える子で、まだ10歳(記事執筆時)の幼い子供ですが、カメラの前であっても、しっかりとした口調でハキハキと自分の言葉を発しています。(僕も見習いたい!)

そして一際目を引くのが、ペットとして飼われている柴犬キツの存在。キツはとても大人しい性格のようで、カメラの前でも微動だにせず、クリクリとした大きな目でカメラに目線を送り続けれる様子が動画のあちこちで散見できます。一見シュールなんだけど、見ていてとても愛くるしく感じるんですよね。柴犬は飼い主に対する忠誠心が高いことで知られていますが、ここまで従順なのかと驚きました。

ちなみに、キツという名前は日本語のキツネから来ているそうですよ。

更新頻度は高くありませんが、フェニックスちゃんとキツのキュートなコンビニ癒やされるチャンネルです。

Steve’s POV スティーブ的視点

チャンネル名「Steve’s POV スティーブ的視点」を運営するスティーブさん。

好きな自動車を紹介したり、日本とアメリカの文化の違いなどを流暢な日本語で紹介してくれる面白い方です。

その昔、日本に留学した経験があり、それをきっかけに日本文化や日本車が大好きになったそうで、海外では珍しいハコスカ、クラウン、シーマといった旧車を輸入して自国に持ち込み、アメリカの大地で走らせている様子だったり、また日本へも比較的多く来ているようで、日本での車関係のイベントなどを取材した動画を数多く投稿しています。

僕はあまり車には詳しくないのですが、スティーブさんの車に対するこだわりには唸らせられるばかりだし、チャレンジしていることにも興味を唆られるので動画を見ていて楽しいですね。

動画は水曜日と土曜日の週2回投稿しているようです。

スポンサーリンク

SSJGoshin4

鳥山明氏の漫画「ドラゴンボール」が大好きな女性ユーチューバー。チャンネル名「SSJGoshin4」さん。

彼女の日常はドラゴンボールと共にあるといっても過言ではないようで、部屋中がドラゴンボールのフィギュアやぬいぐるみで溢れているだけでなく、ドラゴンボールのグッズが売られているお店を撮影したり、ときにはアニメイベントに足を運んだりと、動画からドラゴンボール愛がひしひしと伝わってきて、アメリカにも、しかも女性で、こんなにもドラゴンボールが好きな人がいるんだなと驚かされました。

内容的にはドラゴンボールグッズを紹介する、Unboxing(開封)動画が多めでしょうか。昨年は日本にも来ていたようで、お台場や週刊少年ジャンプのテーマパーク「J-WORLD TOKYO」に遊びに行った様子も投稿されていたりと、日本でもドラゴンボール三昧の日々を過ごしていたことが伺うことができます。

更新頻度は高めで、週に3、4本のペースで動画を投稿されています。

Alyson Tabbitha

自身のコスプレ動画を投稿している女性ユーチューバー。チャンネル名「Alyson Tabbitha」さん。

動画のアイキャッチ画像は「ファイナルファンタジー15」に登場する「ルナフレーナ」ですが、ひと目見たときに最初はCGかと思ったのですが、動画を再生してみると、Alyson Tabbithaさんがルナフレーナにコスプレするまでの過程が撮影された内容でした。

ルナフレーナがゲームの世界からそのまま出てきたかのような、コスプレの枠を超えたまさに本人!?とも思える再現度の高さに驚かされた方です。

ルナフレーナはゲームではもともと出番は少なく、且つ、予定されていたDLCも中止になってしまったのでヒロインとしての存在感は残念ながら薄い印象ですが、彼女のコスプレを見ていたら、もっとゲーム中の色んな場面でルナフレーナを見てみたかったなと思ったのでした…(泣)。

動画の投稿数は少なく更新頻度も低いようですが、ゲームに限らずアニメや映画のキャラクターでコスプレをされているようです。

スポンサーリンク