【凍結解除】「OneDriveを削除しようとしています」というメールが届いた話

無料で使えるフリーメールサービスとして、Yahoo!メール、Gmailなどありますが、そのうちのひとつにMicrosoftの「Outlook」にお世話になっています。お世話になっているとは言ってもメールはあまり届かないので使う機会は滅多になく、アカウント自体ほぼ放置気味の状態なのですが、先日メールの受信箱に「OneDriveを削除しようとしています」という題名のメールが届きました。

OneDriveと言えば、インターネットを介してサーバーにデータを保存できるMicrosoftのクラウドストレージサービス。メールを読んでみると2年間使用履歴がないため僕個人のOneDriveが凍結の状態であり、記載の日時までに凍結を解除しないとOneDriveに保存しているデータがすべて削除されてしまうというものでした。

クラウドストレージは「Google ドライブ」を使っているし、OneDriveには何もデータは残されていないはずですが、いざというときに使えないのは不便だし、もしかすると記憶にないだけで保存しているデータがあるかもしれないなので、とりあえず凍結の解除をしてみることにしました。

スポンサーリンク

メールは本物?

アカウントの乗っ取りなどの悪用を目的としたフィッシング詐欺が流行っているので、こういったメールが届いたら、まずは本物かどうか見極めることが身を守るために必要なことでもありますが、今回OneDriveから届いた送り主のアドレス「email@mail.onedrive.com」は、Microsoftから送信された本物であることが下記URLに記載されてあります。

サイト アカウントが削除されるというメールが届く理由(Microsoft)

OneDriveの凍結を解除する方法

OneDriveにアクセスする

メールに添付されているURLからOneDriveにアクセスしてみると、このようなポップアップが表示されました。やはり記載の日時までに凍結を解除しないとデータが削除されてしまうようです。OneDriveのサービスも当然のように利用できなくなっていました。

ここでは凍結を解除するため、「アカウントの凍結を解除する」をクリックします。

凍結解除には最大24時間かかる

すると即座にアカウントが凍結解除に移行します。この処理には最大24時間かかることがあるようです。氷が溶けるまでしばし待ちましょう。

ドライヤーの熱で凍結状態のアイコンを溶かしているイラストが面白いですね。

凍結解除を知らせるメールが届く

OneDriveの凍結が解除されると、その旨を知らせるメールが届きます。僕の場合ですが約5時間でOneDriveが使用可能になりました。24時間待つことは稀かもしれません。

特に難しい操作をすることなく、マウスのクリックだけでOneDriveの凍結を解除することができました。特に難しい操作はありませんでしたが、Microsoftから「OneDriveを削除しようとしています」のメールが届いた方は是非参考にしてくださいね。

サイト OneDrive アカウントが停止されるとどうなりますか?(Microsoft)

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ(広告含む)