【クーポン割引】モンスターエナジーをAmazonで安く買う方法

ここ近年、エナジードリンクの「モンスターエナジー」にハマっています。好きなフレーバーはオリジナルのグリーンで、まるでサイダーを濃くしたかのような濃厚でシュワシュワの炭酸と、濃密な甘さが引き立つフルーティーな味に惹かれています。

初めて飲んだエナジードリンクは「レッドブル」の方でしたが、飲んだ感想はまさに井の中の蛙といった感じで、こんなに美味しい飲み物が世の中にあったのかと心底驚かされ、それからはエナジードリンクに興味を持つようになりました。

モンスターエナジーを飲むタイミングは、運動をして疲れた後の自分へのご褒美だったり、ときには眠気覚ましにと、カフェインの効果に期待して高揚感を得たり体を活性化させるために飲んだりしますが、実際のところはその効果よりも味に魅せられている部分が大きいかもしれません。

また、ふとしたときに無性に飲みたくなる不思議な中毒性があり、所構わず飲んでしまいたい衝動に駆られることもありますが、1本あたりの価格が高いことや過剰摂取による飲み過ぎは体にも良くなく危険とも聞くので、そこのところはストイックになるように注意しています。ペースは週に2本です。

モンスターエナジーって1本あたりの価格が他の飲料と比べても高いですよね。僕がモンスターエナジーにハマったきっかけが、近所に設置されているダイドーの自動販売機で並んでいたのを購入したことに始まるのですが、1本の価格が210円もするのです。

2014年にあった消費税の増税に伴い、自動販売機で売られている飲料の値段が上がってからは、そこで飲み物を買う機会は少なくなったのですが、それでも止められないんですよね、モンスターエナジーって。

僕はお酒やタバコは一切やらないので、これらがやめられない人の気持ちがあまり理解できなかったのですが、今となってはなんとなくその気持ちを理解することができます。これが中毒ってやつなんですね、本当に恐ろしい…。

スポンサーリンク

ケース買いならAmazonが安い

「モンスターエナジーをなるべく安く買いたい」。そういった想いに駆られて安く購入できる方法について調べてみると、通販サイトのAmazonが安いことが判明しました。

記事執筆時現在、Amazonではモンスターエナジー(グリーン)の1ケース(24本入り)が、4,154円で売られています。

僕は2017年からモンスターエナジーをAmazonでケース買いするようになったのですが、アカウントから過去の注文履歴を見てみると、この価格は少なくとも2017年の9月の時点から変化がないことが分かりました。ただしAmazonは価格変動があるので、常時この価格が提示されているとは限りません。

4,154円に取扱手数料が350円プラスされるので、Amazonでの購入金額は4,504円になります。

またその一方で自動販売機で購入した場合は、1本の価格を210円とすると24本購入時の合計金額は5,040円になります。

その差は約500円。取扱手数料が掛かりながらもAmazonでケース買いしたほうが、1本辺りの価格を安く抑えられることが分かります。

しかも!Amazonはクーポンを使うことでモンスターエナジーをさらに安く購入することができちゃうんです。

取扱手数料とは?

ここで「取扱手数料の350円って何なの?」と疑問を抱く方もいると思いますが、Amazonではサイズの大きな商品や重量の重たい商品などに別途手数料を取っています。

実際にモンスターエナジーの1ケースってかなりの重量があるんですよね。調べてみたら1ケースで9.6kgでした。配達の方も毎回重そうに両手に抱えながら玄関まで運んでくれています。本当にありがたいです。

クーポンの入手方法

このクーポンですが、Amazonの検索フォームから「モンスターエナジー」と入力して表示された商品ページには記載されていません。その為、何も知らないとこのままカートに入れてお会計を済ませてしまうことも考えられます。

モンスターエナジーの割引クーポンは、Amazonの「モンスターエナジー オンラインストア」に記載されています。

上記画像にあるクーポンコードを注文確定画面にあるフォームに入力すると、表示価格よりさらに5%が割引きされます。アルファベットの入力によるスペルミスを防ぐためにも、クーポンコードをコピーして注文確定画面のフォームに貼り付けると良いでしょう。

そして注文を確定する際には、5%分の割引きがきちんと適用されているかを必ず確認しておきましょう。

サイト モンスターエナジー オンラインストア(Amazon.co.jp)

クーポンコードは月ごとに変わる

注意点としてクーポンコードは毎月変わるようになっています。どうやら「MONSTER〇〇」の末尾の〇〇に入る数字がその時の「月」を表しているようで、2月なら02、3月なら03とクーポンコードが月ごとに入れ替わる仕組みになっています。

一応、年間を通してクーポンは配布されているようですが、Amazonがクーポンを配布しなくなると当然割引は適用できません。購入時にはクーポンが配布中であるかを確認ください。

クーポンが使えるモンスター

  • モンスターエナジー
  • モンスターアブソリュートリーゼロ
  • モンスターウルトラ缶
  • モンスターロッシ

上記4商品がクーポンの対象となっています。残念ながら「モンスターカオス」は対象外のようですね。なお対象商品は変わる可能性があります。

また割引はAmazonの在庫を購入した場合にのみ適用され、マーケットプレイス(Amazon以外の業者)での注文は対象外となるので注意が必要です。

割引はキャンペーン情報からでもOK

以前からあったのか定かではなくこの記事を書くまで気付かなかったのですが、モンスターエナジーの商品ページにある、キャンペーン情報(上記画像を参照)をクリックすることでも5%の割引が適用できるようです。

キャンペーンをクリックし、「✔キャンペーンが適用されました」と表示されれば割引きが適用されます。

クーポンとキャンペーンのW適用はできる?

「キャンペーンを適用した状態で注文確定画面でさらにクーポンコードを入力すれば、合計で10%割引きになるかも?」と疑問が生じたので試してみたのですが、残念ながらそれはできませんでした。

僕はこれまでAmazonでモンスターエナジーを買うときは注文確定画面でクーポンコードを入力していましたが、同じ割引率ならキャンペーンをクリックしたほうが手間も省けて幾分楽みたいですね。

フラストレーション フリーパッケージ(FFP)とは?

モンスターエナジーの商品ページには、「Amazon.co.jpがフラストレーション・フリー・パッケージで販売、発送します。」との記載がありますが、これは何か特別な梱包がされてるのではなく、お店に納品されるダンボールの状態で外装に配送ラベルが貼り付けられたまま購入者宅へ送られてきます。

FFPなのでAmazonのダンボールにモンスターエナジーが入っているわけではないので、無駄なゴミが出ないような仕組みになっています。

余談:内容量の少なめがあると嬉しい

美味しくて元気が出るモンスターエナジーですが、内容量355mlはちょと量が多すぎるように感じています。

個人的には最初の数口でカフェインの効果が感じられ、半分も飲めば糖分も取れて十分といった感じです。なので後半にもなると飲むのが次第にしんどくなってくるんですよね。

半分くらい飲んだら、残りはサランラップで飲み口を覆ってから冷蔵庫に入れて別の日に飲むこともあります。でもこうすると炭酸も抜けちゃって味も美味しくなくなっちゃうんです。

海外だとこれくらいの量がピッタリなのかもしれないですが、日本人だと量が多めに感じる人も多いんじゃないでしょうか?

どうやら通常の355ml缶に匹敵するエナジー成分を含んだ「モンスターエナジー M3」という150mlのボトル入りもあるようですが、僕は売ってるところを見たことがないし、Amazonの価格で比較してみると355mlと1本あたりの価格は然程変わらないようです。

355ml缶の量を減らした日本向けの商品があればとても良いと思うし、そうすることで今よりも価格を下げられるはずなので、より手が出しやすい身近なエナジードリンクとして普及しそうな気もします。

スポンサーリンク