わかさ生活のブルーベリーアイ、ルテインαで飛蚊症は改善するのか

自分の目の中に、ミジンコやゾウリムシのような単細胞生物っぽい濁りが見える「飛蚊症」を患ってから14年くらい経ちます。

飛蚊症に初めて気付いたのはパン工場でアルバイトをしていたときのこと。パンの生地が流れてくるベルトコンベアのラインが白っぽい色をしていたのですが、生地を手に取るときに白いラインを背景にして、小さな黒い点のようなものが右目の中に浮いて見えることに気付きました。

最初は目にゴミや髪の毛が付着したのかなと思ったのですがそうでもないみたいだし、目線を動かすと動かした方向に黒い点が追ってくるので、目の中に何かしらの病気を患ってしまったのではないかと少し不安になりました。

家に帰ってネットで検索してみると、どうやらこれは飛蚊症という症状だと判明。なにやら一生治らない的なことが説明されていて内心ショックだったのですが、このときは目立たないくらいに小さかったので、なるべく気にしないように意識していました。

スポンサーリンク

飛蚊症の原因

僕が飛蚊症になってしまった原因は、パソコンでオンラインゲームをやり過ぎたことだと自覚しています。ゲームに夢中になるばかり無意識のうちにディスプレイと顔との距離が近くなり、ブルーライトを近距離から浴び続けてしまったこと。オンラインゲームは一度ログインすると数時間はプレイしていたので、それがほぼ毎日続くとなると誰が見ても目に悪影響なのは明らかです。

そんな悪習慣が長く続いたせいか、今度は半透明で棒状の形だったり、無数の糸くずのようなものなど様々な形の飛蚊症ができてしまいました、

さすがに目が心配になってきたのでこのとき初めて目医者で診察してもらったのですが、事前に予想していたとおり、僕の飛蚊症は生理的なものであり、現時点で治療法がないので今後気にしないように生活するしかないことが分かりました。

レーザーによる治療もあるようですが、現時点では保険が効かないみたいだし治療を受けれる場所も少ないみたいなので、レーザー治療はまだ様子見かなという印象を持ちました。

ブルーベリーアイを試してみた

飛蚊症って慣れないうちはとても気になるんですよね。目医者では飛蚊症は治らないと言われましたが、やっぱり自分で色々と試してみないと納得いかないし、とりあえず目の健康に良さそうな栄養を摂取してみると良いのではないかと、目の健康に最適と言われているブルーベリーのサプリメントを試してみることにしました。

嘘か本当か分かりませんが、ブルーベリーのサプリを摂取し続けたことで飛蚊症が消えた!とか薄くなった!などの報告をネットで多数見かけていたし、このときの僕は藁にもすがる気持ちだったので、とりあえず目に良さそうなものは何でも試してみたかった、という思いが強かったと思います。

そのときに選んだのが、わかさ生活の「ブルーベリーアイ」です。選んだ理由は単純に知名度の高さです。とりあえず、わかさ生活のブルーベリーアイを試してみようと、ブルーベリーアイ1袋が1ヶ月に一度自宅に届くように定期お届けコースで購入しました。

スポンサーリンク

ブルーベリーアイの特徴

こちらが、わかさ生活のブルーベリーアイになります。同商品にはいくつかの種類があるのですが、最も代表的な「ブルーベリーアイ プレミアム」を選んでいます。

サプリメントは丸くて細長い形状をしています。特徴として、北欧産(スウェーデン or フィンランド)の野生種ビルベリー、ナノビルベリーエキス、ルテイン、カシスをカプセルに凝縮しています。

粒が大きいのは苦手という方には、小粒タイプも用意されています。

ちなみにサプリメントを飲むタイミングは、胃や腸が活発になる食事後に摂取すると良いそうです。なかでも1日の始まりの朝食後がベストタイミングとのこと。

ブルーベリーアイで飛蚊症は改善されたか

いちばん聞きたい話はここだと思いますが、あくまでも僕のケースであることをお断りさせていただいた上で言わせていただくと、ブルーベリーアイで飛蚊症を改善することはできませんでした。”薄くなった”というのも実感できませんでした。

予想はしていましたが、栄養補助食品のサプリメントで飛蚊症が治せるわけないですよね…。

ルテインαを試してみた

飛蚊症はブルーベリーよりもルテインの方が効果があるのではないか、そういった情報をインターネットの記事や自分の親などから得ていました。

ブルーベリーアイで懲りているにも関わらず、そう教えられてしまうとなんだか気になってしまうんですよね。試してみる価値はあると思ったので、わかさ生活が販売しているサプリメントの「ルテインα」を購入してみることにしました。

ルテインαの特徴

こちらは、わかさ生活のルテインαになります。ブルーベリーアイと比べるとカプセルはやや小ぶりになっています。

特徴として、マリーゴールドから検出・精製した高純度ルテインと、ルテインと相性の良いザアキサンチンをカプセルに凝縮しています。

ルテインαで飛蚊症は改善されたか

こちらも僕のケースですが、残念ながらルテインαでも飛蚊症を治すことはできませんでした。

実のところ僕はブルーベリーアイとルテインαを併用して10年以上はお世話になっていて、飲み忘れることも多々ありますが、やはりサプリメントで飛蚊症を改善することは難しいことが分かりました。

ただ、ネット記事やTwitterなどで、サプリメントで飛蚊症が良くなったなどの書き込みを目にする機会もあるし、わかさ生活の会報に寄せられた利用者の声にも、「目の中の黒い点が無くなった!」という感謝のお便りを見かけたこともあるので、真意はどうであれ完全な否定はできないのかなと思います。

僕はわかさ生活のサプリメントを摂りつつ、パソコンやテレビを見るときにはディスプレイの明るさを調整したり距離をとったりと目に対して気にかけてはいますが、近年スマートフォンを使うようになったことで相変わらず目を酷使しているのは昔から変わっていないので、飛蚊症を改善するには生活習慣の改善も必要なのかとも思っています。

でもパソコンやスマートフォンは手放すことができないんですよね…。

まとめ:目の健康を保つのにありかも

飛蚊症を改善する効果がないのになぜ続けているかというと、家族の分も含めてまとめ買いしているので割引価格で購入できることと、僕はパソコンとスマートフォンを毎日長時間触れていますが、サプリメントを飲んでいると目が疲れにくく感じられること。(プラシーボ効果と言われればそれまでですが…)

それとメガネ作りのため目医者で視力検査をしてもらったときに、飛蚊症があるにも関わらず「目の中がきれいだね。」と言われたことも大きいです。ブルーベリーアイやルテインαで飛蚊症の改善は難しいけれども、目の健康を保つ役割は果たしてくれているのかなと、そう感じたことがサプリメントを10年以上継続している理由になります。

わかさ生活のサプリメントは、本社から直接購入しなくてもAmazonや楽天などの通販サイトでも気軽に購入できるようです。どうしても気になる方は試してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
リンクユニット
関連コンテンツ
関連コンテンツ(広告含む)